男の離婚準備

【男性の離婚準備】相手に財産を渡したくない場合の対策

お互いに好意を持って結ばれた男女が何らかの事情で破局に至った時、
お互いに好意を持ったそれより以前のような関係、または友達のように相手に対して友情を感じるような、
友好的な関係になれればよいのですが、破局に至るまでの感情的な対立が大きかった場合など、
相手の悪いところばかりあげつらうようではそれも大変むずかしいのかと思われます。

 

更に離婚準備にはいった男女間において、
財産分与などお金が絡む問題は避けて通れない大きな問題なので、それが尚更離婚準備を複雑にします。

 

感情的になればなるほど、相手には渡したくないなどと思うのですが、
離婚準備をスムーズに進めるためには、多少の譲歩もお互いに必要不可欠だといえるでしょう。

 

その離婚がもしも慰謝料などの問題が発生しないような離婚であれば、結婚前に持っていた財産を相手に渡す必要は初めからありません。
財産分与の請求権は、結婚後に二人だけで築き上げた蓄財にのみ関わってくるものだからです。

 

ですから、逆にいえば二人で築き上げたものを慰謝料などの問題がない場合に、片方のみが占有することは出来ないということです。
そういった事情から、結婚前に持っていたものは、男女双方ともに相手に渡さなければならないわけではありませんので、
まずは冷静になって考えて、渡したくない一辺倒ではなく、どこらへんがお互いの了解が得られる線引となるのかを、
法律的な専門家に判断してもらうこともひとつの手段です。